不動産売却・買取・転職希望者向けの不動産専門メディア

土地の相場が一瞬でわかる方法!誰でも簡単に調べられます

OKKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
OKKI
不動産テック関連の上場企業で名古屋支社の立ち上げに参画中 / 宅地建物取引士 / 大手不動産会社で営業6年 100件以上の売買取引を経験→4,000万円借金→年収1,000万円達成・不動産所得年間400万円以上→起業→不動産テック関連の上場企業 / 不動産会社 顧問 / 不動産投資家 / GACKT制作 POKER×POKER認定プレーヤー /YouTube「おっきーちゃんねる」

こんにちは。おっきー(@surprise_okki)です。

今回は、土地の相場をすぐに調べる方法に関して紹介します。不動産を購入するときや売却するときに適正な金額はいくらなのか知りたいときがあると思います。

 

そんなときは〇〇と検索してサイトを確認するだけ!不動産業者にしか閲覧できない「レインズ」というサイトがありますが、すべての売出し情報や成約情報が登録されていません。

 

「レインズ」というサイトよりも〇〇というサイトを確認した方が一瞬で詳細の情報を把握できますので、今回の情報を知っていたただき適正の時価で不動産を購入したり売却をしましょう。

 

✔こんな人にピッタリの情報

・不動産の購入を検討している

・不動産の売却を検討している

 

あやな
相場情報が一瞬で?そんなことあるわけないでしょw
OKKI
と思うんだけど、、実はあるんです!
あやな
あったとしても本当に正確なの?
OKKI
正確な情報なのかどうかはいまから説明していくよ!

 

 

不動産業者が活用する相場情報サイト

 

結論からお伝えします。その不動産の相場情報サイトは「土地代データ」です。完全無料で活用できます。

 

このサイトは北海道札幌市にある株式会社Land Price Japanが運営しています。この会社のことは深く知りませんが情報は正確で参考になります。

 

このサイトは私が不動産会社に勤めていたときにとても活用していました。「レインズ」の情報や他の不動産営業マンにも必ず相場などを確認していましたが、大きなズレがあったことは1度もありません。

 

実際にお客様に相場情報を提供して不動産を購入していただいたり、売却していただいていたりしていましたので参考にしていただいても問題ないでしょう。

 

土地代データは不動産相場の宝庫

 

ではさっそく土地代データの中身をみていきましょう。中身を知るだけで土地相場に強くなれます。

 

 

サイトを開くとこのような画面がでてきます。まず日本全国の2019年公示価格の平均坪単価と変動率というのが目につきます。公示価格とは地価公示法をもとづき国土交通省の土地鑑定委員会が決めているものです。

 

他にも下記の情報が掲載されています。

✔「地価推移グラフ」

✔「日本全国の地価推移グラフ」

✔「都道府県の公示価格ランキング」

✔「日本全国の高価格ランキング トップ1o」

✔「日本全国の低価格ランキング トップ1o」

✔「日本全国の上昇率ランキング トップ1o」

✔「日本全国の下落率ランキング トップ1o」

✔「地方別の公示価格」

✔「都道府県地価マップ」

✔日本全国の土地評価額の動向

✔日本全国の土地価格変動要因

✔日本全国で実際に行われた不動産取引の価格平均

✔日本全国の地価・過去の推移

 

以上の情報は全国だけでなく47都道府県の情報が閲覧できます。ピンポイントの情報はでなくても近隣の情報は出てくる可能性が高い。このサイトで完結できるわけではないが、十分に参考にできる情報です。

 

どのような場面で有効活用できるか

 

まずは不動産を購入するときに活用できます。不動産屋から聞いた土地相場を鵜呑みにせず調べましょう。調べる際に周辺の土地相場や過去の推移まで調べるとなお良いです。

 

そして不動産を売却するときにも活用できます。土地相場を知ることで適正金額以上で売れる可能性があります。不動産屋からは簡単に価格を下げましょうと言われますが、もしかしたら不動産屋から提示された金額よりも高く売れるかもしれませんので、必ず土地代データなどで土地相場を調べましょう。

 

まとめ

 

土地価格相場が分かる土地代データに関して紹介しました。不動産初心者でもこのサイトを活用すれば瞬時に土地相場を知ることができて便利です。

 

どのようなことを調べられるのかも述べましたが、過去の推移の情報を得られるのは大きいでしょう。不動産屋も参考にしていて時価との大きなギャップはないのでぜひ活用ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
OKKI
不動産テック関連の上場企業で名古屋支社の立ち上げに参画中 / 宅地建物取引士 / 大手不動産会社で営業6年 100件以上の売買取引を経験→4,000万円借金→年収1,000万円達成・不動産所得年間400万円以上→起業→不動産テック関連の上場企業 / 不動産会社 顧問 / 不動産投資家 / GACKT制作 POKER×POKER認定プレーヤー /YouTube「おっきーちゃんねる」

コメントを残す

Copyright©    不動産コンシェルジュ , 2019 All Rights Reserved.