不動産売却・買取・転職希望者向けの不動産専門メディア

日本国内の今後の不動産投資市場はまだまだ魅力がある

OKKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
OKKI
不動産テック関連の上場企業で名古屋支社の立ち上げに参画中 / 宅地建物取引士 / 大手不動産会社で営業6年 100件以上の売買取引を経験→4,000万円借金→年収1,000万円達成・不動産所得年間400万円以上→起業→不動産テック関連の上場企業 / 不動産会社 顧問 / 不動産投資家 / GACKT制作 POKER×POKER認定プレーヤー /YouTube「おっきーちゃんねる」

こんにちは。おっきー(@surprise_okki)です。

今回は今後の不動産投資について考察していきます。現在、私は戸建投資だけでなく不動産買取、不動産売買仲介を行っております。経験を踏まえて記事を書いています。

 

不動産投資といっても区分マンション、戸建、一棟マンション、海外不動産、小口など方法はさまざまです。すでに何棟も所有している方は引き続き所有物件を増やしたり、他の投資にまわしていただければと思います。

 

これから不動産投資を行う方に関しては1件目が非常に重要です。不動産投資をこれから始める方や今後、所有物件を増やしたい方に向けて今後の不動産投資に関して紹介していきます。

 

✔こんな人にピッタリのメディア

・不動産投資に興味がある

 

あやな
不動産投資に興味あるんだけど、不動産投資ってどうなの?
OKKI
融資が厳しくなっているとはいうけど、まだまだ不動産投資は魅力的だよ!
あやな
でも騙されたりしそうだし、今後の不動産投資事情はどうなの?
OKKI
騙されないにも準備が必須!それと今後の不動産投資事情についても紹介していくよ!

 

今後の日本国内不動産の投資はまだまだ魅力がある

 

結論から述べると、今後の日本国内の不動産投資はまだまだ魅力的!理由は簡単で、表にはなかなか出回らないけど、内々ではけっこうお値打ちな物件が回ったりしてるから。

 

数千万円の不動産取引で数百万円~数千万円儲かる話はザラにあります。そのため、不動産屋と信頼を築いて儲かる情報をもらえるようにすることが大事。

 

ただ、それだけでなく自分自身でしっかりと不動産投資の勉強もしてください。自分も勉強し続けていますが、物件ごとに物件の内容はいろいろです。

 

一つの情報の抜けで大きな損失になる可能性もありますので、すべて人任せにするのではなく、物件の目利きはしっかりできるようにすべきです。そのうえに不動産投資は魅力的といえるでしょう。

 

具体的な不動産投資の勉強方法

まず不動産投資の本を最低10冊以上読んでください。そのうえで、仲良い不動産屋に不動産の現地調査、役所調査、市役所調査の方法を教えてもらってください。目利きがすぐにできるかできないかでは、良い物件もチャンスを逃す可能性がでてきます。1秒でも買うか買わないか判断できることはとても大切です。

 

また地銀、信金などの金融機関にも融資基準について情報取集してください。資金に余裕があればよいですが、ほとんどの方は金融機関から融資を受けて購入するかと思います。少しでも有利に働く金融機関を開拓し続けましょう。

 

ある程度、不動産投資について理解し始めたら、不動産業者を自らまわり挨拶をして仲良くなり内々の不動産情報を収集しましょう。ここまできたら、あとは1件目の物件購入を間違いないようにしっかり調査するだけでなく、信頼のおける共通の知り合いの多い方の情報から購入しましょう。

 

共通の知り合いが多く信頼のおける方からの方が、初めましての方から購入するよりも勝率が高まりますので。

 

オリンピック後は緩やかに不動産市場は低迷していく

オリンピック後は皆さんが予想している通り、不動産市場は少しずつ低迷していくと考えています。理由は、主に日本人の人口低下、伸びる業界がほぼない、住まいの形の変化など挙げられます。

 

人口低下に関しては、世界中を見ればわかりますが、基本的に伸びてる国は人口増加しており、人口低下している国は伸びていません。移民を増やせばよいという意見もありますが、日本はさまざまなルールが細かく、外国人がすぐに馴染めないですし、交通整理はそう簡単にはいきません。

 

伸びる業界に関しては、今後の日本ではほぼないでしょう。そのため、これからビルがどんどん解体されて駐車場などに変わっていきます。廃墟化が進んでいくので、実勢価額や土地・建物の評価額が下がります。

 

住まいの形に関しては、一人や1世帯で住む形からシェアして住む形の変化していきます。そのため、マンション・アパート・戸建などが少なくなっていきます。

 

これらのことから不動産投資でまったく稼げなくなることはなかったとしても稼ぎにくくなるかもしれません。ただ、しっかりとネットワークの構築と不動産投資の勉強をしていくことでまだまだ魅力があると考えます。

 

まとめ

結論、不動産投資市場はこれからもまだまだ魅力があります。魅力があるといえるのは、不動産の情報を内々でもらえるようにネットワークの構築をするのと不動産投資の勉強をし続けることが必要です。

 

その具体的な方法は紹介させていただきましたので、あとはやるだけです。騙されるから怖い・不動産の見方がわからないという理由で以外と参入してくる個人は少ないです。

 

個人レベルで購入できる物件は行動すれば必ず手に入ります。今後の日本国内の経済的要因・行政的要因などからみて安泰とはいえませんが、やることをやれば必ず成功できるのが不動産投資です。

 

私も現状、不動産投資を行っており、1o0件以上の不動産売買仲介取引経験がありますので、質問等がありましたらいつでも直接ご連絡ください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
OKKI
不動産テック関連の上場企業で名古屋支社の立ち上げに参画中 / 宅地建物取引士 / 大手不動産会社で営業6年 100件以上の売買取引を経験→4,000万円借金→年収1,000万円達成・不動産所得年間400万円以上→起業→不動産テック関連の上場企業 / 不動産会社 顧問 / 不動産投資家 / GACKT制作 POKER×POKER認定プレーヤー /YouTube「おっきーちゃんねる」

コメントを残す

Copyright© 不動産コンシェルジュ , 2019 All Rights Reserved.